病理医の求人募集

病理医の求人募集

病理医とはききなれない言葉ですが、医師の仕事分野では欠かせない存在です。病理医の仕事とは、病院や自宅で亡くなった患者の死因をつきとめたり、病態の解析やこれまで行ってきた治療に関しての効果の検証などを行い、今後の医療に役立てていく役割を担っています。このほか、手術や内視鏡などで摘出された病変組織に関して悪性細胞が有るか否かを診断するなど、短時間で診断をするための知識やスキルも求められます。直接診察や治療に携わるポジションを担う医師ではありませんが、患者家族の疑問を解決したり、司法などの場に提出するための大事な証拠書類を作成するなど大切な場面での仕事が求められます。検死の仕事などは、嘱託医が行うことが多く、ほとんどの場合、病理医は細胞診断や組織検査などを行うことが主であることが多いようです。

総合病院やがん拠点病院、救急指定病院などで病理医のニーズが高まっています。的確に、迅速にデータ化できるスキルをもつ病理医がいることで、これからの診療方針も立てやすくなるからです。また、診断結果を直性患者に分かりやすく伝え、患者に対して理解を求めることから治療の第一歩だと考える病院も少なくありません。実は病理医は24時間体制で勤務をすることは少なく、診察や治療を行う医師よりも多少時間に融通がきくフィールドです。女性医師が病理医として仕事を始めることで、家庭と仕事を両立することも可能になります。

病理医は、病院には欠かせない存在ですが、専門医として認定を受けている医師はまだまだ少ないのが現状です。そのために、新たに認定病理専門医の資格を取得した医師や、キャリアアップやスキルアップを求めて転職をしたいと考えている医師は転職の大きなチャンスであると言えるでしょう。病理専門医の資格を取得するために学会の認定施設で医師として働きたいという方にも道は大きく開かれています。病医として知識を身が期待、新しい検査方法や診断方法を学びたいという方、病理専門医として管理職待遇で仕事をしたいという方などは、医師転職サイトを利用されることをお勧めします。転職という形ではなくとも、女性医師が職場復帰をするために病理医のフィールドを選んだ場合でも対応できる案件も多くあります。一般病院の他、研究機関、大学等の研究施設、一般企業が開設する医療系の診断センターなどでニーズが高まっています。まずは医師転職サイトの無料登録をして、病理医に関する多彩な求人を確認されてみてはいかがでしょうか。

病理医の求人なら以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準