治験責任医師の求人募集

治験責任医師の求人募集

治験とは、医療機器や医薬品を製造し販売することに関して、薬事法という法律に基づいた承認を得るために行われる臨床試験です。「治療の臨床試験」の略語が語源と言われています。先述薬事法に基づいた承認を得るためと記載しましたが、その際に提示する書類の中に「臨床試験の試験成績に関する資料」が求められているのです。実際にヒトに用いた試験結果などを提出することが求められます。

治験では、新薬の安全性と有効性の最終チェックの段階で人体に使用して問題がないか、服用後のあらゆるデータを取ることを目的としています。治験を行う場合には、あらゆる事態に対応できるように医師を置くことが求められます。その中でも、治験の実施に関して責任を負い、業務を統括する立場の医師や歯科医師を「治験責任医師」と位置付けています。治験実施計画書や被験者に了解を得るためのしてもらう同意説明文書を作成することなども仕事の一つです。治験の段階の薬は、日本では未承認ですので細心の注意を払いながら治験を行う必要があります。また副作用などに関する対処などができるスキルも求められます。 とても責任が重い仕事となりますが、将来の新薬を生み出す手伝いがしたいという方や、診療分野ではなく後方支援的な分野で医師の仕事をしたいと考える方も多くなっています。薬理や病理の知識、新薬開発につながった疾患に関しての知識などを有する医師が治験責任医師として求められています。

大学病院などでは製薬会社などとタッグを組んで治験責任医師の仕事を引き受けることもあるようです。医師転職サイトでも、治験責任医師に関する求人があります。責任医師という重いポジションよりも治験コーディネイターとして被験者の適合検査を行ったり、データ収集のための検査を行う立場の医師を広く求めていることがほとんどのようです。病院側が治験に関する意思を求めていることもあれば、薬品会社・医療機器製造会社などで医師を求めることもありますので、情報をキャッチするためにも医師転職サイトの利用をお勧めします。 治験医師の関する求人は緊急の募集であったり、極秘プロジェクトであることがほとんどですので、多くは非公開求人です。医師転職サイトに無料会員登録を行うことで非公開求人をチェックすることができますので、詳細をいち早く知ることもできます。治験に関しての医師の仕事は全国各地で求人がありますので、地方で働きたいという方や首都圏で働きたいという方など勤務地に関しても細やかな対応が期待できます。

治験責任医師の求人なら以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準