外資系企業の求人募集

外資系企業の求人募集

医師の資格を取得している方の求人は医療機関ばかりではありません。専属産業医として、企業内保健室に常勤する医師の他、新薬開発や医療機器開発に携わる医師など実にさまざまな企業で医師のニーズが高まっています。特に、外資系企業では、本国で承認された新薬を日本で承認してもらうための準備を始めたり、医療機器を日本法人でも取り扱いができるように尽力することが多くなりました。医療機器は医師や看護師歯科取り扱えないものなどもあるので、プロモーションとして医師や看護師を派遣することもあるようです。また看護師の育成のためのワークショップの講師や健康講話の壇上に立つなど、患者を診察する以外の場面で知識を伝える医師も増えてきています。

このように、医師としての働き方も多様化しており、医局での人間関係に疲れてしまった、できれば患者を診る仕事から退いて仕事をしたいなどと転職を考え始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、病院が次々に閉鎖を余儀なくされる時代の中でも、医師の人口は増えています。医師不足が慢性的な地域も多々ありますが、受け皿となる病院自体がない地域もあるので本末転倒ですね。好条件で医師の資格を活かせる仕事を探したいという方は、是非外資系企業での仕事を探してみてはいかがでしょうか。医師転職サイトでは、医療機関の求人斡旋も行いますが、製薬会社や医療機器メーカーなどの企業が求める医師の求人も取り扱っています。

外資系企業は、医師のポストで入職すると、高収入が予想されます。また、新商品や新薬開発の極秘のプロジェクトを進めることもありますので、仕事としては大きなやりがいを見出すことができるでしょう。ただし、日常会話以上の語学力を求められることもありますので、注意が必要です。医師転職サイトでは、このような外資系企業の求人ももちろん取り扱っていますが、ほとんどが非公開の求人です。先述のように極秘プロジェクト遂行のための医師募集や医師急募の案件などが多いために、一般サイト上では取り扱っていないことが多いのです。非公開求人を閲覧するためにはまずは医師転職サイトに無料会員登録するところから始めましょう。専属のアドバイザーとの面談を重ねて条件がマッチングした場合には非公開の求人を紹介されることもあります。外資系企業の医師の求人はこれからもっと増えてきます。転職などを考え始めたら、企業で働く医師としての働き方も考慮されてみてはいかがでしょうか。

外資系企業の求人なら以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準