放射線科医の求人募集

放射線科医の求人募集

放射線科医の仕事は、「放射線治療を行う」ことと「放射線を用いて撮影した画像を診断する」ことに分けることができます。放射線科医は、化学療法などの治療方法を決定し、放射線の量や照射角度・時間なども決め放射線科の技師に指示をしたり、他の診療科の医師とも連携を組んで患者の診療にあたります。これまで、放射線科といえばレントゲンの撮影のみという医療機関がほとんどでしたが、がん拠点病院として放射線治療などの高度先進医療を取り入れる病院が多くなりました。そのために、放射線医としての専門的知識を持っている医師のニーズが高まってきています。

このところ、放射線に関してのさまざまな事故が多くなる中で、知識にたけた放射線科医の的確な診断やアフターフォローが求められるようになっていることも事実です。放射線治療を受ける患者が、一日も早く自立した生活を送れるように的確な判断が求められる場合も多くあります。がん放射線療法看護分野の認定看護師や放射線技師などとタッグを組んで患者の治癒に向けて診療方針を立てていくことも行います。放射線科医が働けるフィールドはまだまだ範囲が狭く、治療を行う立場ではなく、画像診断のみの仕事だけを行っているという方も多くいらっしゃることでしょう。放射線分野の専門医師としての「このままでいいのか」と立ち止まってしまうことも多々あるかもしれません。もし今の仕事にクエスチョンマークが付きまとうようになったら、転職を考える時期なのではないでしょうか。

放射線医師として新たな仕事を見出したい、患者に深く携わりたいという場合には、医師転職サイトに無料会員登録をされることをお勧めします。患者の診療のかた画像診断専門医として病院を移ったり、放射線専門医として、がん治療などの放射線治療に携わることもできるようになります。今まで経験したことのない高度先進医療に関して携わることができる病院に働くことができるチャンスも広がります。医師転職サイトでは、専任のキャリアアドバイザーが適材適所を踏まえて、最良の病院の放射線科の求人案件を紹介してくれます。放射線医のニーズは外科・がん拠点病院の他、画像診断専門クリニックなど多岐にわたります。きっとやりがいがある職場にめぐり合うことができることでしょう。医療転職サイトでは、お仕事の紹介から医療機関との面談、転職にかかる費用は一切かかりません。面談の結果転職が不成立になったとしても費用はかかりませんし、現職場で頑張ろうと気持を改めても全く問題にはなりません。

放射線科の求人なら、以下のランキング利用が効率的です!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準