女医の求人募集

女医の求人募集

このところ女医の求人がうなぎ上りに増えていることはご存知でしょうか。多くの内科医は男性医師が多く、女性患者に対して「セクハラ」などを恐れて問診のみの十分な診療を行っていないこともあげられます。これだけではなく、女性特有の不定愁訴や思春期の女性の悩みなどを親身になってききいれることができる女性医師の存在が求められていることも挙げられています。産婦人科医や心療内科、そのほかの診療科でも女性医師の存在が大きいと考えられます。今では、女性専門外来を設けて女性のあらゆる不調に対する診療を行う総合病院も多くなりました。また、慢性的な医師不足なども挙げられています。特に女性は結婚や出産、子育てなどのライフステージの変化によって医師としての仕事から退く方も出ています。そのために潜在的な医師も多くいると考えられています。職場復帰を考えている女性医師も多いのではないでしょうか。

病理専門医などは、日勤帯で仕事をすることができますし、女性ならではの気遣いを持って患者に接することができますので、ニーズが高まっています。病理医を充実させたいと考える病院も多くなってきましたし、職場復帰のフィールドとして病理関係の職場を選ぶ女医もいるほどです。勤務医として外来専門の医師のポストも多く上がっています。外来専門の医師であれば、病院が休みの日には仕事も休むことができますので、余暇を私生活に充てることも十分可能になります。私生活を大切にしたい女性医師も仕事と両立できるようになるでしょう。

女医の求人を探したい場合には、医師の転職サイトへの会員登録をお勧めします。専任のキャリアコンサルタントは女性医師の職場復帰や転職に関しても親身に相談を受けてくれます。仕事と私生活を両立できる職場を優先的に提案してくれることも多くあります。個人開業医のもとで仕事をすることもできますし、非常勤で夜勤や休日専門の医師として働くこともできます。女性専門外来の医師として心療内科や婦人科系の診療を行うことができれば、優遇される可能性もあります。転職サイトを通じて転職希望先の病院を見学することもできますし、条件面などに関しては、キャリアコンサルタントが代わって折衝をおこなってくれます。職場復帰への不安も多く残るのが女性医師のデメリットとも言われていますが、それまでも払しょくしてしまう求人案件に出会える可能性も高く、仕事も家庭も充実した毎日を送ることができるかもしれませんね。

女医の方の転職は、以下のランキング利用が効率的です!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準