医師のアメリカ留学

医師のアメリカ留学

日本で医師免許を取得した医師が、更に専門性を追求するためにアメリカ留学をする事もあります。アメリカの医師免許のシステムは日本とは少し異なっていて、4年制大学を卒業した後に、メディカルスクールと呼ばれる大学院で医学の専門知識を学ぶ事になっています。4年制大学の時から医学部に所属していないと医師試験を受ける事もできない日本とは違い、医学部ではなくても4年制大学で専攻は異なっていても、化学や物理学、生物学などの科目を履修していれば、メディカルスクールに入学する事が可能です。既に医学部を卒業している医師なら、この部分は問題なくクリアできる留学条件ですね。

医師のアメリカ留学には、入学できる条件以外に、アメリカのメディカルスクールで授業についていけるだけの語学力が必要になります。英語を母国語としない外国人生徒を対象に行なわれるMCATやTOEFLなどを受験し、それぞれの大学で要求されている最低スコアをクリアできるメディカルスクールへ入学願書を提出する事になります。

医師のアメリカ留学では、
・入学願書
・出身大学でのGPAと成績証明書
・MCATかTOEFLのスコア
・3通以上の英文の推薦状(出身校での教官などから)
・学生時代のボランティア活動などの記録
・勤務医としての経験や研究実績などの職務履歴書
・最終学歴の卒業証明書
・専門科目の選択希望
・教育ローンが必要な場合には、その願書
などの必要書類を全て揃えて、希望するメディカルスクールへ願書を提出する事になります。

アメリカのメディカルスクールは、最初の2年間は基本的な医学知識を習得し、次の2年間は臨床医学や病院実習など現場で専門的な勉強を行う事になります。その後、アメリカ統一の基礎医学と臨床医学の試験に合格して初めて、アメリカで医師を名乗る事ができるM.D.が与えられる事になります。アメリカでは、医師免許は国が発行するものではなく、それぞれの州が発行するというシステムになっているため、引越しなどをして別の州で医師免許を得るためには、アメリカ国内統一の試験の結果を提出して、その州が認可すれば医師免許が発行される事になります。また、アメリカでは医師免許は生涯有効のものではなく、規定された講義などを受けながら3〜4年に一度更新を行なわなければいけません。日本とは似ているようでもずいぶんシステムが違っている事が分かりますね。

アメリカで医師免許を取得しても、もちろん日本に帰国して日本で医師として仕事をする事はもちろん可能です。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準