医師のボーナス

医師のボーナス

病院などの医療機関に勤務している勤務医の場合には、毎月のお給料以外に、医療機関によっては年に1回〜2回のボーナスが支給されることもあります。ボーナスの支給額がどのように計算されるのかはその医療機関ごとに異なりますが、サラリーマンと同じように基本給をベースに2ヶ月分とか3か月分という風にボーナス額が計算されることが多いようです。最近は社会的な不景気によって、ボーナスがカットされたり削減されたりしている会社も多いですよね。医療機関などでもそれは同じようで、医療機関の中でも毎月のお給料が比較的高い私立病院などでは以前と比べてボーナスカットが厳しくなっているのだそうです。そのため、月給が高い医師でも、ボーナスカットによって手にするボーナスの金額は、私達が想像するよりも高くないのかもしれませんね。国家公務員として国立病院などに勤務している医師の方が、ボーナス支給率は高いかもしれませんね。

ちなみに、沖縄県の医師会では、2010年に、年末に支給される医師のボーナスを0.2か月分引き下げて3.95か月分を支給することにした、というデータを発表しています。この不景気でボーナスが3.95ヶ月もらえる企業は多くはありません。そう考えると、不景気でボーナスを引き下げて3.95か月分という沖縄県を見ると、医師は給料もボーナスもそれほど悪くないのかも、という気もします。

月収が勤務医と比べるとかなり高給も望める開業医は、基本的にはボーナスはありません。個人経営のクリニックによっては、仕事をしている看護師などにボーナスを支給する事はあっても、自分の年収をアップできるボーナスというものは、基本的には存在していないといっても良いでしょう。

医師になったばかりの頃には、過労でフラフラになりながら手にする給料も少なく、まとまった支払いはボーナスに頼っているという青年医師も少なくないと思います。親が開業医だったりしてもともと病院の経営も安定しているようなケースなら、開業医でもかなりまとまったボーナスが期待できるかもしれませんが、医師としての技術はもちろん、家族総出で手伝っている事も多い中小規模の開業医の場合には、ボーナス時期になると職員に渡すボーナスの事で頭が一杯になってしまいそうな気がします。

会社員でもボーナスは出るか出ないか、かなり厳しい状況であることも多い昨今ですから、医師のボーナスもいくらかでも出たらラッキー、ぐらいに構えていた方が精神的にも良いかもしれませんね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準