医師の貯金額

医師の貯金額

経験や実績を積めばそれが年収が月給に反映されるけれど、医師免許を取ったばかりの研修医などの若手のうちは、忙しすぎてやつれるほど多忙なのに、給料はサラリーマンよりも少ない事も多い医師という仕事。もらっているお給料の金額に関わらず、患者にとっては医師である事には変わりないため、疲れていても常に神経を張り巡らせていなければいけません。高給取りというイメージが強い医師という職業ですが、研修医など20代の若い医師にとっては、貯金はできればラッキーぐらいの薄給という事も珍しくないのだそうです。

そういった医師の中には、医師免許を取得して一度は医師として仕事をはじめたけれど、もっと専門性を磨くために大学院に戻ったりする医師も少なくありません。実家からの援助がない限りは仕事をしているわけではないので当然、生活も苦しいですし、アルバイトで生計を立てたり学費を捻出する医師なども多いようです。そういった医師にとっては、貯金をする余裕もないどころか、結婚する余裕もない事も少なくないようです。

医師として本格的に仕事をし、ある程度の経験や実績を積んでくるようになると、収入も安定してくるので貯金も増えてきます。医師という職業で同じぐらいの収入を得ている場合でも、質素な生活をすれば出費を抑えて貯金できる金額も多くなりそうですし、華やかな生活をしていれば収入が多くても支出も多いので、それほど貯金額は期待できないかもしれませんね。

ただ、勤務医の場合には、日勤だけではなく当直があったりするので、オフの日にはグッタリして家でゴロゴロしているという人も少なくありません。また、医師は常に勉強が求められる職種なので、オフの日でも自宅で勉強という事もあります。そうすると、収入が多くても使う時間も体力もなかったりして、必然的に貯金の金額が増えるという事はあるかもしれませんね。

サラリーマンの場合には、会社員と同じように職場からもらう収入の中で、支出や貯金をする事だけを考えれば良いと思います。しかし、開業医の場合には収入として懐に入ってくる金額も大きいのですが、開業のためにかかった費用や支出、従業員への給料や手当てなどいろいろ出て行く諸費用も大きいので、貯金できるかどうかは、自分の医師としての技術力はもちろんですし、経営者としての手腕にも大きく関係してくるのではないでしょうか。

「医師だから貯金も多いはず」
「医師だから浪費しても貯金できるだろう」
という事はありません。収入と支出をきちんと計算しながら賢く生活すれば、医師という職業はたくさん貯金できる職種である事には変わりませんが、浪費すれば貯金ゼロになる事ももちろんあります。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準