医師の調剤権

医師の調剤権

医療に従事している職種には、医師のほかにも看護婦や薬剤師などたくさんの職種があり、それぞれに国家試験に合格して免許を取得しなければいけません。しかし、医師免許を持っている医師は、看護師や薬剤師などの職務をこなす事も認められているため、クリニック内で調剤して患者に必要な薬を渡すことも可能です。それが、医師の調剤権ですね。

私達が病院に行くと、病院では処方箋を渡されて、病院のすぐとなりにある薬局で薬を受け取るシステムになっている事もあれば、病院で会計をする時に薬も一緒に渡されるシステムになっている場合もあります。どちらにもメリットもあればデメリットもありますが、医師の調剤権によってクリニック内で薬を受け取ることができるメリットには、
・一箇所で診察から薬の受取まで済ませる事ができる。
・料金の支払いが1箇所で済むので患者側の負担も少ない。
・薬局の空いている時間を気にせずに診療してもらえるので、時間外診療を受けやすいし、クリニック側も時間外診療を行いやすい。
などがあります。

医師の調剤権を薬局が分担することを、医薬分業と呼びます。医薬分業する事によって、
・薬を専門に取扱う薬剤師が薬を処方することによって、薬の内容や服用法、副作用などについて患者に必要な情報を詳しく得る事ができる。
・薬のみを取扱っている薬局で薬を受け取る事ができるので、自分の都合に合わせて薬局を選んで必要な薬を手に入れる事ができる。
ジェネリックの薬を希望すれば薬にかかるコストを低く抑える事もできる。
など、患者側にとっては大きなメリットがたくさんあります。

病院やクリニックで薬を受け取る場合には、コストが高い新薬を処方されることも少なくありません。これは、病院やクリニックによっては製薬会社と提携したりしているためで、病院で薬を受け取る場合には、自分で薬を選択する事はできません。しかし、薬局で薬を処方してもらう場合には、コストを抑えたい場合には薬剤師が、同じ効果があるジェネリックタイプの薬を処方してくれる事も可能なので、薬にかかる代金を低く抑える事もできます。新薬とジェネリックタイプでは、薬の種類によっても異なりますが、毎月数千円という単位で節約する事も可能です。薬局によっては、そういったフレキシブルな対応をしてもらえない薬局もあるので、複数の薬局を比較検討してみる事もおススメです。医師の調剤権を薬剤師に分業する医薬分業によって、私達患者にとってはデメリットよりもメリットの方が大きいといえるかもしれませんね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準