医師の注意義務

医師の注意義務

医師が患者を診療する場合には、まず最初に診察して、自覚症状や検査結果などから疾病や疾患を診断、適切な治療を行う事になります。この一連の「診療」行為を行なう上で、医師は常に注意義務という義務を遂行しなければいけません。医師の注意義務とは、患者の症状や検査結果、そしてそれまでの病歴などから適切な疾病名を診断した場合でも、常にその後の経過観察や治療過程において、判断ミスや治療ミスを防ぐために注意をしなければいけないという義務。仮に、治療途中で自分自身の誤診に気がついた場合には、速やかに患者の治療方針を変更したりして、患者の健康状態を改善するための適切な治療を行うことが義務付けられています。

・問診義務
適切に問診を行う事で正しい診断を行なう事ができます。医師による診察が十分でない場合には、問診義務の違反対象になります。

・検査における注意義務
患者に必要な検査を行なう場合には、検査の安全性を確保する事も医師の義務です。検査によって患者に危害が加えられたり、検査自体が不法だったりした場合には、医師の注意義務違反の対象になります。

・誤診
十分な問診と検査によって多くの場合には正しく疾病を診断する事ができます。しかし、医師も人間ですから、症状を見落としてしまうこともあるかも知れません。見落としによる誤診は、典型的な注意義務違反といえます。

・治療における注意義務
治療の中でも特に手術が必要な場合には、この注意義務が適用されます。手術の必要性から適切な術式の選択、術中の技術、麻酔投与、術後管理なども全て医師の注意義務の範疇になります。

基本的な注射や点滴などの医療行為を行う場合でも、患者に不必要に危害を加えないことや、感染予防をしたり、治療後の適切な処置などは医師の注意義務となります。仮に、点滴を受けた後、その傷口から感染症を起こしてしまった場合などには、もしかしたら医師の注意義務がもたらした悲劇なのかもしれません。医師は、そういった医療行為を行う場合にも、治療後の生活で気をつけなければいけない点などをきちんと患者に説明する義務を負っています。予防接種など簡単な医療行為をおこなう場合に、注意事項が書かれた用紙を渡される事もありますよね?あれも医師の注意義務の一環。きちんと眼を通して理解してから予防接種を受けるようにしてくださいね。

入院中の患者の安全を確保する事も医師の注意義務です。例えば、患者の症状や容態によってベッドからの転落を予防したり、トイレや廊下などで転んでしまう事を予防する事も医師の注意義務です。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準