医師の副業

医師の副業

公務員や企業に勤務するサラリーマンでは、副業が認められていない事も少なくありません。医師の副業については、雇用している病院や医療機関でOKなら、副業もありのようですね。ただし、雇用主が副業を認めるかどうかは、その職場の規定というだけで、法律で副業が禁止されているわけではありません。

フルタイムで仕事をしている医師にとっては、休日の日はできれば副業をするより自宅でのんびりしたいという人も多いようです。そんな中、お給料が低い若手の医師や、医師免許を取ったけれど大学院に戻って更に勉強をしているという人にとっては、アルバイトや副業で生計を立てている人も少なくないようです。収入アップしたいという意志があれば、医師の副業を禁止していない医療機関も多いので、副業で収入アップを図る医師も少なくないようですよ。

医師の副業では、企業や学校などで行なわれている集団検診や健康診断など単発的なものもあれば、病院での当直バイトというものもあります。医師の副業で得る事ができるアルバイト料はかなり高給な事が多く、半日〜1日の健康診断で5万円〜10万円の報酬を得る事ができたり、当直のアルバイトで1晩10万円〜15万円という報酬を得る事ができたりするようです。

医師は、勤務医として一つの病院だけで仕事をするよりも、非常勤という雇用形態で複数の病院を掛け持つ働き方も人気があります。特に、ある程度の経験と実績を持っているベテラン医師になると、副業的な仕事をいくつか掛け持つという働き方もあるのだとか。最近では、ストレスまみれになってしまう子供も多い事から、子供を対象にしたカウンセリング業務を行なう医師の副業などもあるようです。

非常勤やアルバイトの仕事のみを請け負っている医師なら、副業といってもあまり負担がかかることなくこなす事ができるかもしれません。しかし、勤務医でも開業医でも、診療時間ずっと患者さんの治療を行って心身ともにクタクタになっているのに、副業を入れるという事は、肉体的にも精神的にもかなりタフでなければなかなか簡単には勤まらないようです。

月曜日から金曜日まで勤務医として仕事をしている医師に人気の副業は、土日にできる副業。本業の方がお休みになるので副業のスケジュールを入れやすいからなのかもしれませんね。例えば土日に手術ができるクリニックや、土日の診療可能というクリニックなどでは、もしかしたら週末の担当医は副業の医師なのかもしれませんよ。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準