医師が不足している科

医師が不足している科

医師国家試験に合格して医師免許を取得すれば、一生医師であり続ける事ができます。そして、医師免許には自分の専門分野などが記載されているわけではないので、希望する専門分野や診療科で医師の経験と知識を積む事もできます。それだけではありません。医師として仕事をはじめた後でも、診療科を変えたいと希望すれば、もちろんそれも可能なのです。

医師の仕事は、診療科によって忙しさが異なります。例えば、 内科、小児科、外科、救急、産科などはいつも多忙を極めている診療科。特に総合病院の勤務医となると、多忙すぎてヘトヘトになっている状態が「いつもの状態」になってしまうことも珍しくないのだそうです。以前なら、そんな多忙な環境の中で「もっと経験を積んで技術を磨きたい」と考える医師も多かったのかもしれませんが、近年では、多忙すぎて健康を壊してしまったりする医師が急増。そのため、これらの「忙しい」と言われている診療科では、そこで仕事をしていた医師が転科してしまったり、医学生も多忙を極める診療科を希望しなかったりして、医師不足が進んでいるようです。

その中でも特に深刻な医師不足なのが、外科。そして、産婦人科です。手術を行う際に必要不可欠な麻酔医もかなり不足していて、地方の病院によっては「麻酔医がいないので手術ができない」という状況に置かれている事も少なくないのだそうです。ちなみに、医師臨床研修制度が義務化された年と比較すると、産婦人科を専門分野にしたいと希望する若手医師はなんと50%減になっているのだそうです。

また、産婦人科の医師不足は社会的な問題にもなっているほど深刻です。産婦人科の医師不足は、産婦人科医師の激務を超えるほどの多忙な仕事に対して、得る事ができる報酬は他の診療科の医師と変わらないという事が原因のようです。しかも、2004年に若手医師の臨床研修制度が義務化された事によって、若い医師たちは自分の専門分野を決める前に一通りの診療科の現場を経験する事ができるようになりました。激務すぎる産婦人科は、臨床研修を経験した若手医師たちからも敬遠されてしまう事が多いようです。

それでは逆に、どの診療科なら医師不足ではないのでしょうか?医学生などにも人気が高い診療科は、呼吸器外科や呼吸器科、循環器科、皮膚科などですね。中でも皮膚科は美容整形などを行なう美容外科にも通じる部分が大きく、ほとんどのクリニックでは夜勤がなく多忙過ぎない職場環境をキープできるという点から、医学生にも人気があるようです。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準