外国人医師の受け入れ

外国人医師の受け入れ

医師は世界各国で活躍していますが、日本国内で医師として医療行為を行うためには、日本の医師免許を持っていなければいけないというルールがあります。そのため、どんなに優秀な医師で日本に来る事を切望していても、日本の医師免許がない限りは日本で医師の仕事をする事ができないというわけです。近年では国内の医師不足が社会問題になるまで深刻にもなっているため、外国から外国人医師を受け入れてはどうかという議論も頻繁に起こっています。

現在の法律では、自国で医師免許を持っている外国人医師が日本で医療行為を行う事は基本的には認められていませんが、例外もあります。

・臨床研修や研究留学など専門性を高める事を目的としている場合
自国で医師免許を持っている事が前提ですが、臨床研修や研究などを名目に、外国人医師を国内に受け入れる事は可能です。しかし、あらかじめ厚生労働大臣の許可が必要ですし、在留期間は最高でも2年間と限定されているので、その後は自国へ帰国しなければ行けないというルールがあります。諸外国では、日本で医師免許を持っている医師が臨床研修などを利用して外国で臨床経験を積み、現地で行われている国家試験などに合格すれば現地での医師免許を交付してもらえるようなケースもあります。しかし、日本の場合には、そういった制度が整っているわけではないため、どんなに優秀な医師でも在留期間は2年間。その間に日本の医師免許を取得できるわけでもないため、それでも日本に来て医療を行ないたいという医師はほとんどいないようです。

・災害時の受け入れ
災害時には、外国の医師免許を持っている医師が被災地で医療活動を行うことが認められています。この場合には、対象となる被災地域が限定されるので、日本のどこででも医療活動ができるというわけではありませんが、一時的に医師のニーズが急増する被災地に外国人医師がチームとして入ってくれるだけでも、現場では大きなサポートになります。

外国人医師の受け入れについては賛否両論ですが、言葉の壁や労働条件、給与面、そしてプライベートと仕事との両立など、日本の医療機関に外国人医師を迎え入れるためには、クリアしなければ行けないハードルがたくさんある事は事実。今後、医師が活躍できる地域が国境を越えて広がり、日本の医師不足も少しずつ解消できたらすばらしいですね。そのためにはまず、日本国内の医師たちの労働環境を少しずつ改善する事が必要なのかもしれません。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準