医師免許

医師免許

医師免許は、国が指定した教育機関で医学部を専攻し、超難関でもある医師国家試験に合格し、そして国に登録した人が、厚生労働大臣から交付される免許の事です。自動車の運転免許証などは数年ごとに更新しなければいけませんが、医師免許は一度登録すると更新する必要はありません。つまり、一度医師免許を取得すれば、医師として従事していようとなかろうと、ずっと医師としての医師免許をキープする事ができるというわけです。

医師免許には、本人の名前や住所、そして国への登録番号でもある「医籍」が記載されています。更新する必要がないため、医師免許には写真は載っていません。医師のID番号的な役割も担っている医籍番号は、基本的に医師の名簿管理をする事を目的としている番号なので、本人確認をするためのID的な使われ方はしていません。そのため、医師の免許を持つ人が開業したり、病院で仕事をしたりする場合には、採用する側や地方自治体などが、医師免許だけでなく大学の卒業証明などをきちんと確認して、本人の医師免許が本物かどうかを確認する事が義務付けられています。

医師はそれぞれに専門分野を持っている事が多いものですが、医師免許には専門分野は記載されていませんし、専門分野を決めなければ行けないという規定もありません。そのため、事実上、医師免許を持っていればどの診療科でも自由に開業できたり診療する事ができます。他の先進諸国では基本的に、医師の専門分野が限定されているため、日本の医師のように医師免許がオールマイティにどの診療科にも適用されるという国はほとんどないようです

例えばアメリカの場合には、医師免許は3年〜4年に一度更新する事が義務付けられていて、免許更新のためには指定された講義や実績などを前提にして慎重に協議される事が多いようです。

イギリスの場合には、医師免許は国が認めた教育機関を卒業すれば自動的に交付されますが、専門分野が厳しく限定されているので、専門領域以外の診療を行なうことはできないようです。

ドイツでは、医師になるためには4段階の試験に合格する事が必要で、医師免許を取得してからも医学部などで医学教育を受ける必要があったりするなど、医師になるためにも狭き門、医師になってからも免許を保持するためのたゆまぬ努力が求められているようです。また、ドイツでは、医師でも68歳が定年と決められているのも他の国とは少し異なる点のようです。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準