医師の海外留学

医師の海外留学

医師免許は、それぞれの国ごとに免許取得の基準が異なっているため、海外留学をして医師として医療活動を行う場合には、留学を希望する国での医師免許が必要になります。しかし、臨床研修や研究留学という目的なら、現地の医師免許を持っていなくても、日本の医師免許のみで留学をする事が可能です。

現地で医師免許を取得する方法にはいくつかあり、
・現地の医学部などの教育機関に通って免許を取得する方法
・日本で既に医師免許を持っている医師が、臨床研修や試験などを受ける事で、現地の医師免許を取得する方法
が一般的です。既に医師免許を持っている医師なら、わざわざ学部に戻って時間をかけて勉強するよりも、臨床研修や試験などを行なって免許取得する方がスピーディで効率的。そのため、日本人医師の海外留学では、研究留学や臨床研修となっているものが圧倒的に多いようです。

日本の医師免許を持って臨床研修できる国は、アメリカ、スイス、南アフリカ、カナダ、デンマーク、イギリス、フィンランド、アイルランド、ニュージーランドなど。全ての国で臨床研修できるというわけではありません。オーストラリアの場合には、オーストラリア人と結婚した日本医師のみが臨床研修を受ける事ができると限定されていますし、ドイツの場合には雇用情勢によって変動しています。

臨床研修と研究留学。どちらも日本の医師免許を持っている人を対象に行なわれている留学形態ですが、給料に加えて生活費も支給されるのは、臨床研修のみ。研究留学の場合には、給料しか支給されないので、生活ができないというケースも少なくないようです。実家の財力など当てにできる資金源がない場合には、できるだ得臨床研修を選択した方が賢いかもしれませんね。

また、臨床研修でも研究留学でも、現地では研修生という扱いになるため、お給料もかなり少なかったり、待遇も日本で医師として仕事をしていた頃とは大きく異なる事も少なくないようです。海外留学の場合には、他の医師と同じ立場で仕事をしているわけではないという事を理解して仕事をする事が必要になります。

臨床研修や研究留学などによって現地の医師免許を取得したら、それぞれの国のプロセスに従って医師免許を取得する事になります。臨床研修や研究留学のみでそのまま現地政府に医師として登録できるニュージーランドやイギリスなどの国もありますし、研修を終えた後に審査や試験を受けて合格しなければ医師免許が与えられないアメリカやカナダのような国などもあります。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準