医師の開業年齢

医師の開業年齢

医師免許を取った医師が医師として仕事を行なう場合には、開業して自分のクリニックを作るか、もしくは病院などの医療機関に勤務医として働きに行くかという選択肢があります。医師免許を取ったばかりの若手医師は、経験もなければ実績もありませんから、例え実家が開業医だったとしても、ほとんどの場合には大きな病院に勤務医として勤め、経験や技術、そして実績を身につける事が多いのだそうです。

勤務医にとっては、45歳〜55歳ぐらいが「運命の分かれ道」になります。これはどういうことかというと、保険診療を行なう勤務医にとっては、仕事を始めたばかりの若手医師でも、実績と経験のあるベテラン医師でも、同じ治療を行っていれば報酬も同じ。もちろん医師には各種の手当てがつきますが、基本的には給料は年齢に比例するわけではなく、診療内容に比例して計算されるため、ベテラン医師の中には「割に合わない」と感じる人も少なくありません。

そして、45歳〜55歳ぐらいの勤務医は、病院内での教授戦などもありますし、病院内で役職として残ることができるかどうか、このぐらいの年齢になるとかなりはっきりしてくるようです。教授戦に敗れた場合、医師の中には離職して開業する人もいるようです。開業医の開業年齢が45歳〜55歳が多い背景には、こうした理由もあるようですね。

しかし、医師なら誰でも開業できるというわけではありません。開業するには初期費用が必要になります。個人クリニックの場合には、開業にかかる費用は1億円程度と言われていて、ほとんどの場合には開業後の収入で、資金回収を行う事になります。以前では診療報酬が高かったので、遅くに開業してもそれなりに資金回収できていたようですが、法改正によって診療報酬がガクンと低くなったため、開業にかかった資金回収にも時間がかかるようになったといわれています。そのため、開業を希望している医師は、以前よりも若年のうちに開業する人も多いようですね。

開業にかかる1億円の資金ですが、かかる初期費用を100%ローンでまかなう人はかなりレア。勤務医として稼いだ収入をできるだけ貯蓄して、足りない分はローンにする事が多いようです。診療科にも寄りますが、開業医の収入は年収にすると2000万円〜3000万円と言われています。高収入の中からローン返済などもまかなわなければ行けないため、開業医と言っても私達が想像するほど左団扇の生活を送っているわけではなさそうですね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準