医師の過労死

医師の過労死

人の命を救う事を職務としている医師ですが、人の命を救い、健康状態を改善するはずの医師が過労死しやすい状況にある事はご存知ですか?サラリーマンの過労死は少し以前から社会問題としてもスポットライトを浴びていますが、 サラリーマンよりも過酷な労働環境で働いている医師たちの過労死は、あまり注目されていません。どんな仕事をしている人でも、過酷な労働条件で毎日心身ともにつかれきってしまうまでの激務を継続していれば、誰でも過労が蓄積して過労死するリスクがあります。医師も、実はそんな過労死リスクが高い職業のようです。

医師の平均労働時間は、1日当たり平均12時間。週あたりでは70時間〜80時間。法定労働時間は1週間当たり40時間ですから、ほとんどの医師はいつも、法定労働時間の倍近くの労働時間を課せられている事になります。

労災認定時基準を満たす「過労死」は、
・発症前1ヶ月間に、100時間を超える時間外労働をしていた事(医師の場合には週当たりの時間外労働時間が30時間〜40時間ですから、1ヶ月に100時間というラインは難なくクリアできてしまいます。)
・発症前2ヶ月間〜6ヶ月間に、時間外労働が平均80時間を超えていた事(医師ではクリアできるラインです。) と規定されています。なかなか認定が難しい過労死ですが、労働時間がサラリーマンよりも並外れて長く、医師不足でさらに労働環境が苛酷になってしまう医師にとっては、毎日の仕事が過労死と背中合わせの状況と言っても過言ではないかもしれません。

医師の過労死を予防するためには、医師を雇用している病院などの医療機関ごとに対策を講じるだけでなく、国をあげて対策を立てる事が必要です。労働基準法では法定労働時間が規定されていますが、法的な拘束力があるわけではないため、多くの病院で医師不足解消のために遵守されていないのが実情です。また、役職に当たる医師は、管理職という名目上、長時間の時間外労働が正当化されていることもあるようです。

過労が蓄積されれば、精神的にも異常をきたしてしまうため、過労死だけではなく自殺などのリスクも高くなります。また、心身ともにつかれきった状態による交通事故なども増えてしまいます。医師の過労死が増えれば、ますます医師になりたい人も減少してしまいますし、日本の医師不足は深刻化してしまいます。そうならない前に、なんとか国、自治体、それぞれの医療機関ごとに解決策を見つけたいものですね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準