医師の苦労

医師の苦労

患者という人間を相手にするだけではなく、疾病や疾患、怪我などの病気とも向き合わなければいけない医師という仕事は、椅子に座っているだけの簡単な仕事ではありません。医師になったばかりの研修医からベテラン医師に至るまで、苦労が尽きない仕事のようです。

医師の苦労には、その医師の経験年数や実績、性格などによって色々ありますが、どの医師も共通に感じている苦労は、過労な労働条件のようですね。特に、20代の若い医師などは、ベテラン医師や医局の雑用なども全て引き受ける事も多く、1日に12時間以上の労働時間も珍しくはないといわれています。しかも、研修医のうちはお給料もかなり少なく、以前ではほとんど帰宅できないほど働いたのに、月のお給料が10万円にも満たないなんて事も少なくなかったのだそうです。現在では厚生労働省が病院側に「研修医でも毎月30万円程度は渡すように」というお達しをしているので、そういった給料面は少しは改善されているのかもしれませんが、それでも過酷すぎる労働時間を「自分ではコントロールできない苦労」と感じる医師は多いようですね。

2004年の法改正によって、医師免許取り立てて経験が浅い研修医は、アルバイトをする事ができなくなりました。もともとお給料が少ない研修医にとっては、アルバイト禁止令も「苦労」と感じるのかもしれません。大学院に戻ってアルバイトで生計を立てたい場合には、2年間以上の臨床研修を終えた後でなければいけません。

また、クレーマー的な患者に苦労を掛けられる医師も少なくないようです。病気を抱えると、誰でも必要以上に薬に頼りたくなってしまうものです。患者さんの中には、既に治癒しているのに、不安だからと薬を要求する患者がいたり、必要な手術でもイヤだと強情になってみたり、医師のアドバイスや指示に従わないことに対する苦労もあるようです。

勤務医にとっては、病院内が自分の職場。職場の中では当然、上下関係もありますし、誰が昇進するかしないかなど、ゴシックや噂などもつきません。誰でも昇進して教授になったり役職につきたいという願望はありますが、限られた数のポジションしかありませんから競争率も激しくなってしまうのは必然。そのため、患者のことよりも昇進にプラスになる治療を積極的におこないたがる強欲医師なども中に入るのだそうです。そういった職場の人間関係を苦労と感じるのは、医師だけではなくサラリーマンも同じですが、どんな職場にもそういった苦労ってあるんですね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準