医師の給料

医師の給料

医師というと、高給をもらっているようなイメージがありますが、実際にどのぐらいのお給料をもらっているのか気になりますよね?医師といっても、病院にサラリーマンのように勤務する勤務医と、自らクリニックを構えている開業医とでは、給料や年収にも大きな差があるようです。

病院に勤務する勤務医の場合には、医師としての基本給の他に、医師免許を持っている事についての資格手当て、夜勤や当直などを行なう際の各手当てなどが支給されます。こういった手当ては、看護師や薬剤師など他の医療従事者と比べてももちろん高額なので、医師の平均的な月収は86万円程度なのだとか。これは人事院の調査によるもので、平均年齢38歳の医師の場合。ちなみに、同じ年代のサラリーマンでは月収は40万円ぐらいなので、それと比較すると、医師はかなり高い給料と言えるでしょう。

開業医になると、もっと開きが出てきます。厚生労働省の調査では、開業医の月収は多ければつきに200万円〜250万円という事もあるのだとか。もちろん、黙って何もせずにこの給料がふってくるわけではなく、常に時代にあった医療技術を勉強し続けるという点では、月収が高くてもそれに見合う努力も必要という事になります。しかし、ただ給料という金額だけを見ると、医師の給料は、どう見積もっても低くはないといえるでしょう。

医師といっても、専門分野や経験によっても給料は異なります。例えば、医師の中では最も「したっぱ」でもある研修医は、以前では徹夜も当然のようにあったり、勤務時間の規定はあってないようなものだったりするほどの多忙にもかかわらず、給料は月収10万円以下なんていうこともあったようです。現在では厚生労働省から研修医でも月収は30万円程度にする用にという勧告があったので、最近では状況も変わってきているかもしれませんが、医師になったばかりのころには給料と労働時間や労働内容が全く見合わないという事も珍しくないようです。

サラリーマンのように医療機関に毎日出勤していく勤務医の場合にも、民間病院や私立病院に勤務する場合と、国立病院に勤務する場合とでは給料に大きな差があるようです。国立病院よりも私立病院の方が給料は高い事が多いようですね。

給料の差は専門分野によっても異なります。外科などの手術を行う診療科は医師の給料も高い事が多く、眼科や歯科などはお給料も低い事が多いようです。医師は手術を行うと、手術手当てという手当てがつきますし、患者側からの謝礼金などもあったりするので、それも高給を後押ししているのかもしれませんね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準