医師の年齢制限

医師の年齢制限

医師の義務や職務などを細かく規定している医師法では、医師になれる最低年齢は規定していますが、 「何歳以上は医師にはなれません」という年齢の上限は規定していません。そのため、医学部ではない分野を選考していったん、社会に出て仕事をはじめた人でも、考えを変えて医師になろうと思えば、もちろん医師になる事ができます。

しかし、医師になりたいからといって簡単に誰でも医師になれるというわけではありません。日本で医師免許を取得するためには、国が認定している大学の医学部を専攻し、国家試験に合格するという難関が待ち構えています。医学部を専攻していない人にとっては、いきなり国家試験のみを受験できるわけではないため、医学部に入学する所からスタートしなければいけません。

国立大学の医学部では、入学に際してはっきりとした年齢の上限を設けているわけではありませんが、大学側が医学生にかけるコストや時間などを考えると、30代前半を超えた年齢では生徒を受け入れる大学側も否定的になってしまう事が多いようです。実際、2006年には、56歳の女性が年齢を理由に医学部への入学を断られたとして裁判を起こしていましたが、女性の敗訴になっています。

医師になるためには、医学部を卒業して国家試験に合格するだけではありません。医学部という修行期間が6年間、その後に国家試験にストレートで合格したとしても、その後の臨床研修で2年間を費やさなければ、一人前の医師になる事はできません。もちろん、研修医でなく一般の医師になったところで、一人前になるには最低でも10年以上はかかるといわれています。

年齢によって合否を変えるのはなんとなくNGな気もしますが、人間は40代にはいると誰でも眼や体力、そして精神的に老化現象が始まります。他人よりも集中力があり、細かい点も鋭く見分けられる眼力を持ち、過酷な労働条件でもたくましく仕事をする事ができる事が医師の条件だとすると、医師に年齢的な条件が設けられていても納得できそうな気もしますね。

医師になれる年齢の上限は法律で決められているわけでもなく、大学側も公にしているわけ得はありません。しかし、医学部入学試験において、面接に高く点数が配分されている大学などは、もしかしたら年齢的な部分も含めて医学生の合否を決定している可能性もあるのだそうです。そういったデメリットを感じることなく医師を目指したい場合には、できれば20代のうちに医師を目指した方が理想的です。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準