医師の人間関係

医師の人間関係

患者にとっては、白衣を着た医師なら年齢や役職などにかかわらず誰でも同じ「医師」ですが、病院に勤めている勤務医にとっては、病院が一つの大きな職場。どんな職場でもわずらわしいのが、人間関係です。患者と接する時間の多い医師にとっては、わずらわしい人間関係とは無縁のような気もしますが、病院の中、そして診療科の中でも複数の人間が同じ職場で仕事をする上では、人間関係や上下関係などは色々あるようです。

職場の人間関係の中でも、特に上下関係が厳しいのは、外科や内科、救急、産婦人科などの診療科と言われています。これは、取扱う疾患が患者の生死に直結していることが多かったり、夜間でも容赦なくニーズが出てくる事と関係があるのかもしれません。その他の科でも、病院によっては多忙を極める事も多いですが、取扱う疾患が生死を分けるようなタイプのものが少ない事もあり、比較的、人間関係はピリピリしていない事が多いようです。

病院の中でも総合病院などでは、1人の医師が全ての診療科を担当するわけではなく、診療科によって数人の医師が配属される事になります。忙しくてニーズが高い診療科なら医師の数も多いので、人間関係も派閥に別れたりする傾向があったりする用ですが、それほど忙しくなく規模が小さな診療科などでは、配属される医師の数が2人や3人程度の事も珍しくないので、お互いに合うか合わないかなど性格的な相性によって人間関係も変わってくるようですね。

人間関係が原因で、転職または離職する医師ももちろんいます。病院はそれぞれ、最低でも確保したい医師の数が診療科ごとに決められているため、どんな理由でも医師が1人欠ければ、それ以上の数の医師を補充する事が必要になります。近年では多くの病院で医師不足が深刻になっているため、特定の診療科に勤務する医師を探すことも、それほど簡単ではありません。そのため、既に勤務している医師をできるだけやめさせないようにするために、医師同士が「大人の付き合い」をする事も求められているようです。

人間関係が原因で離職することは、医師に欠員が出てしまう病院側にとっても大きなダメージになりますが、喧嘩別れなど後味の悪い辞め方をしてしまった医師本人にとってもプラスに働く事はなかなかありません。無計画に離職してしまった医師は、自分1人で現在と同じぐらいの待遇で雇用してくれる病院を探さなければいけません。コネなどが全くない場合には、転職先を見つける事もそれほど簡単ではありません。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準