医師の応召義務

医師の応召義務

日本国内で医療に従事する医師には、医師法という法律によって義務や職務など細かい規定がされています。意思の応召義務は、医師法の第19条で規定されている医師の診療義務の事。応召義務とはどんな義務かというと、一言で言えば、「医師は、診療や治療の依頼があった場合には、正当な事由がない限りは拒否する事ができない。」、つまり、医師が不当に診療を拒否する事ができない、という事です。

ここで気になるのは、医師が診療を拒否できる「正当な事由」ですよね。厚生労働省では、
・診療する事が不可能な場合
・医師が不在だったりして診療する事が物理的に不可能な場合
などに限定されています。あってはならない自由としては、「医師が少し疲れたからといって診療を拒否する」行動。仮に医師が少し疲れているからと診療してくれない場合には、医師法第19条の義務違反という事になります。

もし仮に、医師が「今日は疲れているから」と診療を拒否した場合、これは明らかに医師法第19条違反となりますが、この第19条に違反した場合でも具体的な罰則などは規程されていません。しかし、医師法のほかの部分の規定で「医師の品位にかけるような行動をした場合」においては医師免許の取り消しや停止などの厳しい処分の対象となるので、第19条違反に対する罰則は、医師法で規定されているほかの部分の罰則などが適用される事が多いようですね。

医師の応召義務は、クリニックなどの診療時間内に限定されているわけではありません。生命に関わるような急患の場合や、治療を行わない事によって健康や身体に重大な後遺症が残ってしまいそうな場合には、休日でも夜間でも、可能な限りは診療を行なわなければいけないのが医師の義務とされています。

各自治体では、休日夜間当番医制や休日夜間診療所などが導入されていて、各自治体の管轄内にある病院やクリニックなどが交替で診療時間外の急患を受け入れるような工夫がされている事も少なくありません。その場合には、ケースバイケースで、その時の当番である病院やクリニックに患者にアドバイスをする事は可能ですが、それでも患者の容態などによって一刻も争う診療が必要な場合などには、当番外でも診療を行なうのが医師の義務とされています。

医師にもプライベートな時間や休息は必要ですが、医師の免許を持っている限りは24時間医師として臨機応変に行動をしなければいけない、というのが医師法の応召義務で謳われています。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準