医師の履歴書の書き方

医師の履歴書の書き方

医師免許を持っている医師といえども、転職をする場合や就職を希望する場合には履歴書を記入して提出する事が必要になります。最近では履歴書の書き方がよく分からない人のために、転職サイト内にデータを入力すると、完成した履歴書を印刷する事が出来るサービスなどもあるようですが、 医師の履歴書はできるかぎり手書きが理想的です。医師の仕事でも、実際に面接が行なわれるまでには書類選考が行われます。書類専攻を行なう場合には、自分の名刺代わりになる履歴書と職務履歴書は丁寧に細かく記入する用にしましょう。

履歴書で気をつける点は、
誤字や脱字は徹底的にチェックする事。
・履歴書に汚れが付着する事がないように気をつける事。
・趣味や特技など人間性をアピールできる部分も逃さずにアピールする事。
です。特に、学生時代から趣味も特技もなく必死に勉強をしていたという人も少なくありませんが、下手でも良いので趣味などはできるだけ記入して、面接時で場を和ませる糧にしましょう。

医師の履歴書は、履歴書だけではありません。自分が今までにどこでどんな職務を全うしてきたのかを細かく説明する事ができる職務履歴書の提出も必要です。「履歴書」と言われても、職務履歴書とセットだと考えて提出するようにしてくださいね。他の仕事では職務履歴書は余り重要視されない事もありますが、医師の場合には、どこでどういった実績を出してきたのか、職務履歴書の書き方や内容によって採用または不採用に直結します。キャリアを適当に箇条書きにするのではなく、そこで学んだテクニックやスキル、担当してきた症例などもできるだけ具体的にリストアップするのがおススメです。可能なら、短く簡単なエピソードを混ぜたりすると、更に効果的です。

職務履歴書の場合には履歴書よりも記入する部分が多いですし、基本的にはフリーフォーマットですよね。手書きにすると、どうしても文字の大きさがバラバラになって読みづらくなってしまったりします。そのため、手書きよりもワードなどのソフトを使って作成するのが良いでしょう。フリーフォーマットなので、読む側が見やすくて読みやすいフォーマットで作成する事も大切です。

英文など外国語で履歴書を作成しなければ行けない場合には、自分で日本語の履歴書や職務履歴書を作り、プロに依頼するのも悪くありません。ネットに紹介されている書き方などを見ながら自分で試行錯誤するのも良いですが、採用に結び付けたい場合には、自信がないならプロに依頼しましょう。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準