医師の離職率

医師の離職率

医師は比較的離職率が低い職業と言われています。もちろん、医師の給料も病院や医療機関によって異なりますから、給料や待遇によって離職したり転職する事もあるかもしれません。しかし、病院などの医療機関で仕事をする勤務医の場合には、給料や待遇で転職をするというよりは、専門性を磨くための転職など、キャリアを求める事によって離職するというケースが多いようです。

医師の中でも離職率が高い女性医師。女性医師は出産や育児などを理由に、研修医からずっと務めていた病院を離職する事も少なくありません。現在、医師として仕事をしている女性のなんと55%は、離職した経験を持っているのだとか。離職した理由でも、80%近くは、出産や育児など「子供」に関係する理由が圧倒的に多いようです。子供がいる女性医師の離職経験率は80%程度ですが、子供がいない女性医師の離職率は20%程度。出産するかしないかによって、医師の離職率には雲泥の差がある事が分かります。

最近では全国各地で深刻な医師不足が進んでいますし、女性医師の離職率を下げるための工夫や対策などがそれぞれの医療機関で進められています。例えば、時短制度や院内保育園の整備など、家庭と仕事を両立しやすい環境が整っていれば、医師の離職率も下がっていくかもしれませんね。

医師免許は一度取得すれば一生涯有効なので、自分で定年退職しようと決めない限りはずっと働き続ける事ができます。しかし、病院勤務をしている医師にとっては、ある程度の年齢になると現場ではなく役職としてステップアップするか、それとも開業医として収入アップを図るか、大きな選択を迫られることも少なくないようです。これは、保険診療をしている医師にとっては、医師の経験や実績などには関係なく、診療内容によって給料計算がされるため、新米の医師とベテラン医師のお給料がほとんど変わらないという事になってしまう事も多いのだとか。そのため、ある程度のベテランになると役職か開業医かを選択する医師が多く、45歳〜55歳ぐらいで医師の離職率がぐんとアップするようです。

病院を離職して開業医として仕事を始める医師にとっては、自分が健康で働き続けられる限りはずっと仕事をする事ができます。定年もなければ離職もないのが開業医。サラリーマン達が定年退職で離職する年齢以上になっても医師の離職率はそれほど高くはならないのが、医師という仕事の特徴なのかもしれませんね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準