医師の睡眠時間

医師の睡眠時間

人間が健康で正常に生活するためには必要不可欠なのが睡眠時間。理想的な睡眠時間は平均7時間ぐらいと言われていますが、1日8時間労働をしているサラリーマンにとっても、仕事を終えてプライベートも充実させようと思ったら、睡眠時間を7時間確保するためにはかなりプライベートにかかる時間を妥協しなければいけません。労働時間が平均12時間という教学的な長さの医師にとっては、プライベートを充実するよりも、疲れを取るための睡眠時間を以下に確保できるかがかなり深刻な問題にもなっているようです。

毎日の仕事で、患者の健康や生命と向き合わなければいけない医師という仕事は、睡眠不足でボンヤリしていたのでは勤まりません。そのため、どんなに多忙な医師でも、意識して睡眠時間を確保する事に努める事が多いようです。医師の平均睡眠時間は6時間程度と言われていますが、1日平均5時間や4時間ぐらいしか睡眠時間が取れない人も少なくないといわれています。医師が他人に勧める「理想的な睡眠時間」は7時間ですが、自分に対してはそれを実践できない人が多いという事ですね。

睡眠不足は心身ともに健康的ではないと理解しながらも、仕事のためにどうしても睡眠不足になってしまいがちな勤務医は、時間をある程度自分でコントロールしたいからという理由で開業医に転進する人も多いのだそうです。

医師の睡眠不足は、医師本人だけの問題ではありません。医師が睡眠不足でフラフラした状態で診療を行なう事は、患者側にとってもかなり不安材料になってしまいます。医療ミスや誤診などあってはならない事故も、医師が睡眠不足の状態で診療した場合と心身ともにリフレッシュした状態で診療した場合とでは、どちらが安全を確保できるのかは、誰にでも分かりますよね。

医師の中でも、若い研修医や20代の医師などは、ベテラン医師と比較すると睡眠時間が少ない事が一般的です。これは、若い医師は雑務などの院外労働も多いですし、1日あたりの労働時間もベテラン医師と比較すると長い事が多いためです。そのため、研修医は慢性的に睡眠不足になっている事が多いのだとか。アメリカなどの海外諸国では、こうした医師の睡眠不足を改善するため、法律によって1日の労働時間が法律によって厳しく制限されています。特に、雑務をこなさなければ行けない研修医にとっては法律によって労働時間がある程度制限される事によって、睡眠時間をそれなりに確保できることにもつながるので、医療サービスの質の向上にもつながります。医師本人にとっても、病院側にとっても、そして患者側にとっても、医師の睡眠時間は大切なのです。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準