医師の退職金

医師の退職金

国家試験に合格して得る事ができる医師免許。医師免許は一度取得すれば有効期限もついていませんし、更新する必要もなく、一生涯有効です。そのため、医師の中でも特に開業医には退職金という制度がないので、定年の年齢などに関係なく、働けるうちは働き続ける人が圧倒的に多いようです。確かに、思い出してみれば開業医の多くは、かなり年配の医師。もしかしたら医師の定年と大きな関係があるのかもしれませんね。

病院勤務をしている医師でも、定年退職はあってないようなものなのだとか。現在の医療制度では、病院などの医療機関を管理する管理職などは、医師の資格を持っていなければいけないという規定があります。そのため、病院でも定年退職を医師にも適用させて強制的に退職させてしまうと、ベテランの医師が現場ではなく管理職として別の仕事をしなければいけなくなってしまうというジレンマが起きてしまいます。そのため、総合病院などでは、ある程度の年齢に達した医師は役職につけて管理職として病院に残ってもらうため、医師に対しては定年退職制度を適用していない所が多いようですね。

勤務医として働いていた医師が定年退職する場合には、その医療機関や病院の方針によって、退職金が計算される事になります。医師という免許が必要な職種は、勤務している時の基本給などもかなり高めなので、基本給を元に計算する退職金も、もしかしたらサラリーマンよりも高めなのかもしれませんね。

病院を定年退職した医師でも、医師免許はずっと有効です。難しい手術はできなくなっても、実績と経験のある医師なら、年齢に関係なく健康診断などは問題なくこなせるという事も多いようです。しかも、企業や学校などで行なわれる健康診断や集団検診などでは、アルバイトの医師が採用されている事も少なくありませんし、アルバイト料も1日で3万円〜5万円とかなり高給。そのため、定年退職した医師の中には、たまにアルバイトなどで収入を得る事も多いようです。

医師といって研修医もいれば、まだまだ経験が浅い医師もいますし、ベテランで熟練した医師ももちろんいます。病院など健康保険を使って診療を行なっている医療機関では、医師の経験や実績に限らず、保険治療の種類や内容などによって給料が決まる仕組みになっている事が多く、そのため、同じ職務をこなしている場合には、医師の経験や実績に関係なく同じ金額の給料を得る事になるようです。そのためでしょうか、病院勤務をしている医師の多くが、45歳〜55歳をメドに開業医へと転向する事も多いのだとか。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準