医師の定年

医師の定年

病院でもクリニックでも、診察してもらう医師を見ると、かなり高齢な医師が多い事に気づくと思います。これは、医師には定年の年齢が規定されていないから。国家試験に合格して医師免許を取得すると、医師免許の更新が必要ないように、その免許で生涯医師として仕事をする事が可能なのです。

生涯医師として仕事をするといっても、もちろん医師本人が自分の健康状態や診療可能な範囲はきちんと線引きをしながら判断しているとは思いますが、元気なら60歳でも70歳でも、そして80歳でも90歳でも診療をする事ができます。

医師という職種には定年しなければ行けない年齢は決められていませんが、国立病院などの国家公務員として仕事をする場合には、それぞれの自治体や国が規定している定年退職年齢で、その職場を定年退職しなければいけません。国立病院で仕事をする医師なら定年退職は65歳。市立病院など自治体運営による医療機関によっては、定年退職が65歳だったり70歳という事もあるようです。

病院などの医療機関では、管理職や役職なども医師免許を持っている人でなければ行けないという規定があります。そのため、医師に定年退職の年齢を決めてしまうと、ベテラン医師たちを現場から引き離してしまうことにもなってしまいます。そのため、病院などの医療機関では、通常のサラリーマンの定年退職ぐらいまでは臨床現場でバリバリ仕事をし、その後、役員などとして病院に残るか、それとも病院を離職して開業医として第二の人生を歩むかという選択をする医師が多いようですね。

開業医は基本的には定年などは一切ありません。自分で診察所を運営している開業医は、働ける所まで働くという人が多いのも事実。地方のクリニックなどに行くと、かなり高齢の医師が診察してくれる事が多いのも、もしかしたら医師の定年制度などと関係しているのかもしれませんね。

近年では、診療報酬が大幅カットとなってしまったため、開業医にとっても初期投資を回収するのにかかる年数が長くなってしまいました。そのため、今までなら60歳で病院を離職して開業医になっていたというケースでも、最近では45歳ぐらいで離職して開業する医師も増えています。病院側では、熟練した技術を持つ医師が離職してしまう事によって大きな打撃を受けているようですが、病院側にとっては45歳〜55歳ぐらいが実質的な医師の定年と考える事も多いようですね。

医療訴訟問題や医療ミスなどが増える中、医師にも定年制が必要だという人も少なくありません。もしかしたら今後は医師にも定年制が導入されるようになるかもしれませんね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準