医師の当直手当

医師の当直手当

医療機関で仕事をしている人は、医師や看護師などの職種に関わらず、入院している患者さんがいれば夜勤や当直などの勤務もついてきます。看護師の場合には2交替制とか3交替制などになっている事も多いのですが、基本的に万が一の事態に備えて待機している事が仕事の医師の場合には、勤務時間を長くして仮眠時間も長くする「当直」という形態が多いようです。

当直勤務は、日勤の医師が退社する夕方5時ぐらいから、翌日の日勤の医師が出社する朝9時ぐらいまでを担当する事が多いようです。看護師の場合には、この長い時間帯はいくつかのシフトが分担しているのですが、看護師と比べて数が少ない医師の場合には、勤務時間を長くして手当ても多くし、そして、基本的には眠る事もできる仮眠タイムも確保したりして工夫しているようです。

勤務している医療機関での当直では、医師のアルバイトなどが同じ時間当直勤務をする事で手にする収入とは比較できないぐらいの薄い手当てである事が多いようです。例えば、日勤はなく当直のみを行なうアルバイト医師の場合には、1晩の当直で5万円〜10万円ほど稼げるのに対し、日勤もしている勤務先での当直勤務の場合には、1晩で多くても1万円ぐらいの手当てがつくのが相場のようです。

当直手当などの手当ては、どんなタイプの医療機関で仕事をするかによっても大きな差があります。国立病院や県立病院などの「公務員」医師の場合には、当直手当も比較的少ない事が多いようですが、私立病院で仕事をする医師の場合には、毎月の給料も、そして当直手当などの手当てもかなり厚遇されている事が多いようです。

また、医師の当直手当は、その医師の経験や実績などによっても変動するようです。例えば、医師免許を取得したばかりの研修医よりも、ベテラン医師の方が万が一の時に対応できる対応能力に優れている事はいうまでもありませんし、医師によって当然、単価も違いますよね。そのため、医療機関によっては経費削減のために、当直は研修医の仕事と決めている病院もあったりするようですよ。

そう考えると、当直という仕事は、日勤も夜勤も混ざっていて体力的にもハードなフルタイムの医師がするとそれほど稼げず、アルバイトや非常勤などの医師がすれば、かなりまとまった収入になるといても良さそうですね。一度は医師として仕事をしたけれど、更に勉強するために大学院に戻ったりしている医師学生の中には、こうした短期間でまとまった金額を得る事ができる当直などで収入を得る事も多いようです。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準