医師のボランティア

医師のボランティア

人間の命を救う仕事をしている医師は、国境を越えた海外でも多くのニーズがあります。特に、医療が発達していない国においては、小さな子供が予防接種を受ける事もできなかったり、簡単な治療で治癒する事ができる疾病やけがなどでも、命を落としてしまう人があとをたちません。また、東日本・東北関東大震災の時のように、被災地では一時的にでも医師のニーズが高まります。

医師という仕事は、そういった場所へボランティアとして派遣される事も可能です。海外医療ボランティアとして医師のボランティアを受け入れている団体には、ジャパンハート、国境なき医師団、日本赤十字などがありますが、もっと他にも数多くのボランティア団体が医師の派遣を行っています。

災害による被災地でのボランティアなら、短期間のボランティアも可能ですが、途上国での国際医療ボランティアになると、中期や長期など自分の希望で選択する事もできますが、基本的には1年以上のボランティアが求められる事が多いようです。

ボランティアなので、現地で医療診療や治療を行っても、もちろん報酬などは支払われる事はありません。また、ボランティアというと、参加したり現地での生活などはそれなりに準備されているのだろうと想像をしがちなのですが、医師ボランティアに限らず国際的なボランティアの場合には、渡航費や海外傷害保険などにかかる費用は一切自己負担となります。

実は、それだけではありません。あまり知られていない部分なのですが、国際ボランティアに参加する場合には、毎月、参加費用という費用がかかってきます。月払いでも半年ごとに一括払いでもOKという団体が多いのですが、医師の場合には参加費用が毎月5万円〜10万円程度かかる事が多いので、ボランティアに参加したいと希望している場合には、それなりの貯蓄が必要になる事も忘れてはいけません。毎月かかる参加費は、宿泊費や食費など、最低限の生活費に回るだけでなく、医療器具や薬品の購入費や患者の手術費、入院費など寄付的な部分にも使われるようです。

国際医療ボランティアチームが派遣される国は、主にアフリカ地域と東南アジア地域が多いようです。ボランティア団体ごとに、派遣される国や地域があらかじめ決まっていたりするので、希望する地域がある場合には、そこにボランティアを派遣している団体を選んで登録するのも良いでしょう。

また、ボランティア団体側で「ボランティアの数が間に合っている」という場合には、ウェイティングリストなど順番待ちになる事もあります。すぐに派遣される場合でも、準備には3ヶ月程度がかかる事が多いようです。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準