医師とのダブルライセンス

医師とのダブルライセンス

ダブルライセンスとは、超難関と言われている国家資格を一つではなく2つも持つ事。医師という職種の中で、外科や皮膚科、歯科など複数の分野で専門性を極め、難しい手術でも1人でこなせるという医療系ダブルライセンスを持つ医師は少なくないようです。確かに、手術の種類によっては、一つの診療科の医師だけではなく、複数の診療科から医師が集まって行なわなければ行けない手術などもありますし、病院の規模や医師不足の状態によっては、そういう手術自体が実行不可能になってしまう事もあるかもしれません。そう考えると、複数の専門分野を極めている医療系ダブルライセンスの医師は、医師不足による患者への影響を少しは緩和できる存在なのかもしれませんね。

医師の中には、医師だけではなく弁護士など医療とは全く異なる分野で国家資格を取得し、医師とのダブルライセンスを持っている人もいます。医師とダブルライセンスする事が多いのは、弁護士という職業のようですね。

医師という職業でさえ、大学で医学を専攻し、難関の国家試験に合格して初めて免許を得る事ができる難しい職種。弁護士という医療とは無関係の分野で資格を取得するためには、医師といえども近道があるわけではなく、弁護士を目指している学生と同じように法学部に通学して国家試験に合格しなければいけません。医師不足で過酷な労働条件を耐え抜いている医師にとっては、医師と弁護士のダブルライセンスは精神的にも肉体的にもかなりハードルが高いことは、簡単に想像できそうですよね。

医師免許を持つ人が医師という仕事をしながら弁護士とのダブルライセンスを目指す場合、日中は医師の仕事を抱えているので、多くの場合には夜間クラスを設けている法学部に通学して勉強するようです。例えば、都内で医師の仕事をしている人にとっては、夜間で法律の勉強ができるのは、東京の秋葉原にキャンパスを持っている筑波大学の夜間部。医師の仕事を離職して弁護士を目指す人も中にはいるようですが、通いやすい場所にある夜間の大学を選んで、仕事と勉強の両刀遣いでダブルライセンスを目指す医師が多いのだそうです。

医師と弁護士のダブルライセンスだなんて、きっと生まれつきアインシュタインのような天才に違いないと想像してしまいますが、実際には、天才肌の人よりも努力家の医師の方がダブルライセンスを実現できる事が多いのだそうです。医師でも弁護士でもない一般人にとっては、あまりにもレベルが高すぎで非現実的ですが、努力をすれば報われる、という例ですね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準