医師の役職

医師の役職

国家試験に合格して医師免許をもっている人なら、誰でも医師として仕事をする事はできます。医師として病院などの医療機関で働く医師は、勤務医と呼ばれていますが、病院と言う大きなビジネス組織の中では、当然、多くの医師をまとめる役職的な医師ももちろん存在しています。日本の法律では、病院など医療サービスを取扱う医療機関のトップに立つ経営者にも医師免許を持っている事が義務付けられています。そのため、病院では、現場で診療を行なう医師以外にも、経営手腕を発揮する医師、つまり、役職の医師などもたくさん存在しています。

2004年に改定された医師法によって、臨床医として仕事をするためには、臨床研修と呼ばれる2年間以上の研修が義務付けられました。それ以前では臨床研修は義務ではなかったため、忙しかったりして研修を受けていない医師も少なくありませんでしたし、医師免許だけ取得して、医師とは別の仕事に従事する人も少なくありませんでした。

しかし、2004年に改定された臨床研修の義務化によって、臨床研修を終えていない医師は、医師の役職につく事が認められなくなりました。臨床研修を受けていないからと言って医師免許が剥奪されるというわけではありませんが、臨床研修を終了していない医師は「研修医」という扱いになってしまうことになります。しかも、臨床研修を受けていない医師は、病院などの役職医師になる事もできませんし、「〜長」というような責任のあるポジションに突く事ができなくなってしまったため、開業する事もできません。

臨床研修を終えて、肩書きから「研修医」が取れれば、勤務している病院での昇進に励むこともできますし、別の病院へ転職して役職につくという方法もあります。医師の役職は、会社ほど細かく分類されているわけではないようですが、勤務医にとっての最大の名誉といわれているのは、働いている病院に残って「教授」という役職を得る事なのだそうです。教授という役職は、病院の規模によっては一つの診療科に数人いる場合もありますが、その場合には、「主任教授」などのように、教授の中でも上下関係がはっきりしている事が多いようです。

役職の医師になると、臨床現場で患者の診療を行なうだけではなく、医局に所属する医師を取りまとめたりするビジネス手腕も必要になってきます。それぞれの診療科をまとめる教授の更に上に立つのは、名誉教授など色々な肩書きはありますが、病院経営者として病院のトップになることが医師の役職では理想的なルートなのかもしれませんね。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準