医師を辞めたいと思った時

医師を辞めたいと思った時

「人の命を救いたい」という気持ちで医師免許を取った医師でも、実際に医師として仕事をはじめると、理想と現実とのギャップに直面して、「もう辞めたい」と感じる事があるようです。実際に、病院に勤務している勤務医の50%は、過去に一度以上「医師という仕事をもう辞めたい」と感じた事があるのだそうです。

医師が仕事を辞めたいという思う理由の中には、医師不足による労働条件の厳しさがあります。勤務医として仕事をしている医師の90%以上は、日常レベルで医師不足の実態を実感していて、医師不足によって医師一人当たりの労働時間が増えているのだと考えているようです。勤務医といっても研修医のような若手医師は、ベテラン医師よりもはるかに労働時間が多いようですが、医師全体の平均労働時間を見ても、半数以上は毎日12時間以上の労働時間という長時間労働をしているのだとか。日勤だけでも毎日12時間以上の労働はかなり過酷ですが、そこに勤務医は当直という指名も与えられます。

勤務医の宿直回数は、国内全ての地域で、全ての年齢層の医師の平均では月に3回程度ですが、当直の回数には個人差が多いようで、勤務医師の25%以上は、月に4回以上の当直を担当しているという統計もあります。それだけではありません。当直をすれば心身ともにクタクタになってしまうため、通常は当直明けはオフになるはずなのですが、あまりの医師不足のために病院側にとっては医師にオフを与える余裕すらなく、当直前後も普通に日勤をこなさなければいけない医師も少なくないようです。過酷すぎるほどの労働環境にある医師は、一度や二度はクタクタにつかれきって「もう辞めたい」と思ってしまうことも仕方ないのかもしれませんね。

しかし、疲れきって「もうこんな仕事・・」と思ってしまうときでも、やはり患者さんとのコミュニケーションや、治療して笑顔で退院していく患者さんの姿を見たりすると、医師になりたいと思った最初の原点に戻れるという医師も少なくないようです。疲れた時に自分を奮い立たせるなら、やりがいを感じるのが最も効果的な特効薬なのかもしれませんね。

医師不足も深刻で、昼夜を問わずに多忙を極める産婦人科の医師などは、どんなに疲労で倒れそうな時でも、新しく誕生した命を目の前にすると、本当にこの仕事を選んでよかったと言葉では表現できないぐらいの感動を受ける事ができるのだそうです。その感動が、多忙でも医師という仕事を続ける事ができる機動力になっているのではないでしょうか。

医師求人サイト【※2013年最新版】!最新の人気サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準