専門医の求人募集

専門医の求人募集

このところ、色々な疾患に悩む方が増えてきました。医師も色々な疾患に関して知識を深め、専門的な研修を重ね「専門医」として名乗ることができるようになります。糖尿病専門医、がん専門医、眼科専門医など様々な分野での専門医制度があり、各学会が認定する養成施設での実務経験や研修の履修が満たされ、試験に合格した医師のみが名乗ることができます。 専門医は日々のさらなる研鑽が求められ、研修参加や学会出席などを経て研修を重ねていくことも求められます。

専門医は特定の疾患などにおけるスペシャリストです。「○○専門医」や「○○学会認定医」などという肩書きは、広告材料として利用できるようになったので、病院側としても専門医の存在は条件なしに受け入れをしたいという考えを持っているところもあるようです。中核的な存在の病院では、生活習慣病や大きな疾患をもった患者を集中させ治療を行ったりデータを解析することもあります。専門医が有効な治療法を用いることができますし、大学病院などとの提携医療機関と連携を取って高度な治療を行うことも可能になります。総合病院などではさまざまな分野の専門医を多くもつことで、外来の幅を広くし、より良い医療を提供できるというメリットがあります。新規開院が増えてきているレーシック治療院では、レーザー治療の執刀が任せられる眼科専門医を多く求めていますし、生活習慣病の中でも日本人でも罹患率が高い糖尿病専門医などはどんな内科医院でも引く手あまたの存在として優遇されるでしょう。さまざまな診療科学会が専門医制度を設けて資格取得を奨励しています。患者側としても病院を選ぶ目安にすることもありますので、転職などを目論んでいる方はできるだけ専門医の認定を受けられるように研修を積まれることをお勧めします。

また、専門医として認定を受けた後、できるだけ多くの症例に携わりたいという方は、転職を考えてみてはいかがでしょうか。医師転職サイトに無料会員登録を行うと、サイト内で閲覧できる求人内容の他、非公開の求人案件も多く閲覧することが可能です。さまざまな転職を成功させたアドバイザーが蓄積されたノウハウを駆使して転職成功に向けての提案をしたり、相談に応じてくれます。医師転職サイトの利用は完全無料です。転職が決まるまでオープンにしたくない場合でも、転職サイトでは秘密を守ってくれます。水面下で転職活動を行うことができますので、仕事を続けながら転職活動を行うことも可能です。

専門医の求人なら、無料転職エージェントの利用がおすすめ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準