小児科医の求人募集

小児科医の求人募集

小児科医は「地域のかかりつけのお医者さん」として地域に根差す医師が増えています。小児科は生まれたての赤ちゃんから、15歳までの小児医療を主に担当します。風邪やぜんそくなど小児疾患のうちに治しておきたいもの、アトピー性疾患のように長期的なケアが必要なものなど、さまざまな症例と患者親子と向き合うことも求められます。このように「地域のお医者さん」としての小児科医ばかりではなく、 産婦人科で働く小児科医、周産期医療や小児救急医療の現場で働く医師など様々なフィールドで小児科医が求められるようになりました。地域によっては、小児科医不足が顕著になっているために、地方で働く小児科医も強く求められています。

小児科医として開業をする前に武者修行をしたいという方や、NICU(新生児集中治療室)やGCU(発育支援室)の医師として働きたいという方、地方に拠点を移して小児科医として新たな一歩を踏みたいという方は、ぜひとも転職支援サイトの利用をお勧めします。先述のとおり、小児医療の分野は人で不足が叫ばれています。大学での人材育成も急ピッチで行われていますが、なり手不足とも言われています。また地域格差なども大きいために、求人が多いことでも知られています。実際に医師転職支援サイトで公開されている医師の求人案件を見ると、求人数の多さにびっくりされる方も多いようです。医師転職サイトでは、専任のキャリアアドバイザーが直接、会員登録をした転職希望の医師と面接を行い条件を詳しく聞き取りマッチングする病院を紹介してくれます。給与の面や待遇の面で折り合いがつかない場合には、仲介役として病院と交渉を行うことも引き受けてくれます。

また、サイト上で公開されていない非公開の案件を紹介してくれることもありますので、面接はチャンスがいっぱいあると捉えましょう。非公開案件とは、人気の高い病院からの求人や、スキルや特定の症例・専門分野に関して経験を積んだ医師限定で求人したいというような案件を中心です。言い換えると、非公開案件の紹介を受けた場合はヘッドハンティングと同じような効力を持つと考えることができます。新規開院の集中医療を行う子ども病院の医師として迎え入れられたり、周産期病院のNICUなどの医局長のポストが用意されていることも予想されます。医師転職サイトへの登録は、キャリアアップを考えている方はもちろんのこと、転職を漠然としか受け止めていないけれど、検討材料として話を聞きたいという程度でも全く問題有りません。

小児科の求人なら以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
【医師転職ドットコム】 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【リクルート
ドクターズキャリア】
無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

【エムスリーキャリア】 無料 全国 ★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(各エージェントの説明・4位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人サイト【※2017年最新版】 All Rights Reserved.
[お役立ち情報] 医師法 医師会 医師免許 応召義務 守秘義務 説明義務 注意義務 調剤権 給料 ボーナス アルバイト時給 当直手当 貯金額 退職金 離職率 アメリカ留学
海外留学 ボランティア 男女比 医師不足の原因 副業 医師が不足している科 履歴書の書き方 労働時間 定年 やりがいと魅力 辞めたい 役職 ダブルライセンス 外国人医師
過労死 開業年齢 苦労 結婚 睡眠時間 人間関係 年齢制限 配置基準